教育 目的について

幼児教育の目的について

幼児教育の目的は、大人になって社会に出た時に人の役に立つ人格を育てることです。したがって知的能力だけに重点を置くのではなく、社会に出た時に柔軟に対応できる能力を育てることが大切になります。そのような能力を身につけるには、モンテッソーリメソッドがお薦めです。モンテッソーリメソッドとは子どもの中の自発性を重んじ自由に個別活動をさせることによって子どもの自立心を育てる教育を行っています。具体的には活動を5つの分野に分けて、洗濯やアイロンがけなど日常生活の練習や円柱さしや触覚版など特別な教具を用いて行う感覚の教育などがあります。これらの教具は子どもの使いやすいサイズになっているので子どもが扱いやすくなっています。他にもモンテッソーリメソッドの特徴としては、異年齢混合の縦割りクラスになっている点です。この縦割りクラスによって年上の子は年下の子の面倒を見て、年下の子は年上の子どもの活動を見て学ぶことができます。